カーボン・オフセット推進ネットワーク(CO-Net)は「カーボン・オフセット」を通じて我が国を低炭素社会にシフトすることを目的として、志を同じくした企業・NPO・自治体の参画により2009年4月に設立された団体です。
私達はだれでも「人に喜んでもらいたい、よいことをしたい」という心を持っています。2011年3月11日に発生した東日本大震災では日本人の持つその心が世界中で高く評価されました。そして地球温暖化が進行している今、だれもが「何とかしたい、何かをしなくては」と思っています。
 
低炭素社会への移行は人類が背負った、「未来からの課題」です。2050年には我が国においては1990年比で80%削減が求められています。
平成22年3月「地球温暖化対策基本法案の閣議決定」環境省HPより
では、私たちは何をしたらいいのでしょう。大規模な排出をしていない、規制対象になっていない多くの企業や一般市民の方達は「自分達のできることは限られている」と思っているのではないでしょうか。いいえそうではありません、「カーボン・オフセット」があります。一般市民から大企業まで、子供でも大人でも、「何かをやらなくては」と思っている人は「誰でも」目に見える形でCO2といった温室効果ガスの吸収・削減に参加できるます。これが「カーボン・オフセット」なのです。CO-Netはこのカーボン・オフセットを社会全体への広がりへ進めるために、設立されました。

 
 

カーボン・オフセット推進ネットワーク設立趣意書はこちら
 

CO-Netの活動基本方針  

CO-Netでは、会員企業・自治体がカーボン・オフセットの取組を推進するという前提に立ち、協働して以下の基本方針に即した活動を行います。

 
1. カーボン・オフセット等の取組に関する需要喚起と市場形成促進
2. カーボン・オフセット商品・サービスの開発および信頼性向上の支援
3. 信頼性の高い炭素クレジットを生み出すGHG排出削減・吸収プロジェクトの創出支援
4. 各制度との連携やカーボン・オフセット活用拡大に向けた提言

以上の基本方針に基づきCO-Netでは低炭素社会への貢献を実現するため以下3つの委員会を設置しています。なお各委員会のそれぞれの役割や活動については概念図として「活動イメージ」をまとめました。


カーボンオフセット推進委員会

カーボン・オフセットの普及に資するための意見交換や、普及に向けたセミナー・勉強会の企画および実施。
 

GHG排出削減吸収プロジェクト推進委員会

オフセットクレジットの利用促進のための意見交換や、低炭素化社会の実現に向けた各種制度や方法論の勉強会の企画および実施。

 

総務委員会

CO-Net会員企業・団体との相互連携を図り、適切な団体の運営を行う。

 
 

 

カーボン・オフセット推進委員会では、以下のとおりの活動を企画しています。

各種法制度やガイドライン研究会の開催
カーボン・オフセット商品・サービスの効率的な開発や信頼性の向上に資するため、カーボン・オフセットに係る各種ガイドラインを整理し、課題を抽出するとともに、改善提案を含めた対応等の協議を行うために意見交換会・研究会を開催します。
 

カーボン・オフセットの取組に関する情報交換会

会員企業によるカーボン・オフセットの取組内容について、会員企業担当者からのカーボン・オフセットの効果や課題について事例発表の後、より効果的かつ発展的な知見を共有することを目的として、情報交換会を開催します。
 

カーボン・オフセット需要喚起のための販売促進支援活動

消費者やユーザーへの需要喚起を目的として、会員企業のカーボン・オフセット商品・サービスの販売促進支援についての検討、パイロット事業の展開等を視野に、会員企業間でのリレーション形成を支援します。
 
 

 
 

 
GHG排出削減・吸収プロジェクト推進委員会では、以下のとおりの活動を企画しています。


新規ポジティブリスト・方法論、プログラム認証等に関する勉強会の開催

新しくポジティブリストに加えられた方法論、今後予定されている方法論、プログラム認証の対象になりそうな他の制度に関する勉強会を開催いたします。勉強会では方法論の紹介に加え方法論によるプロジェクトや、その発展性等についても情報共有を致します。
 
 

地球温暖化対策に向けた制度全般の勉強会

排出量取引制度や日本国内のベースラインクレジット制度といった、地球温暖化対策に関する制度についての勉強会を開催いたします。環境省や他の省庁、また自治体が主体となる地球温暖化対策への取組、制度への理解を深めることを目的としています。
 
 

J-VER実施事業者との情報交換会・マッチングイベント

地方自治体や企業によるJ-VERプロジェクト事業者から、それぞれの取組事例紹介や意見交換を通じカーボン・オフセット取組企業・団体との情報交流やマッチングを目的とした情報交換会を開催いたします。

 
 
  
 

CO-Net理事会社を中心に総務委員会を開催しています。総務委員会では年次通常総会で決議採択された会務計画に基づき、CO-Netの運営や広報、またCO-Netの活性化に関する部分についてCO-Netの事務局の管理・運営を行います。また総会、理事会の運営、また関連他団体との調整についてCO-Netの事務局と連携をはかり適切な対応を検討します。
総務委員会での審議要望や今後の活動提案はCO-Netの事務局で承ります。


CO-Net運営に関する審議

CO-Netの運営全般や収支状況の確認に関する審議を行います。また理事会や総会に上程する議案の事前審議を行います。
 

CO-Netの広報活動

【ウェブサイトの企画・管理】
カーボン・オフセットの普及、ならびにCO-Netの活動認知を目的としてウェブサイトの執行監理を行います。また、CO-Net会員企業が必要とする情報の収集や情報ツールの提供を目的としてウェブサイトの充実を図ります。

【イベントへの出展】
CO-NetやCO-Net会員の活動を周知するとともに、カーボン・オフセットの普及啓発を行うために展示会等にて出展を行います。
 

カーボン・オフセット普及に向けた施策の管理

【カーボン・オフセット公開講座推進チーム】
CO-Net会員の有志を中心としてタスクフォース「講座推進チーム」を結成しました。平成23年度はカーボン・オフセットに取り組む実務者向け講座の開催に向けた準備検討、テキストの作成、講座の開催を行います。

【カーボン・オフセット理解促進チーム】
カーボン・オフセットが社会全体に浸透することを目的として、より分かりやすく理解せしめるための方策について議論を重ねていきます平成23年度は必要なパンフレットや教育目的の教材、アイデア集等の試作を予定しています。
 

CO-Net活動へのカーボン・オフセット実施

セミナー、勉強会の主催またイベントへの出展といったCO-Netが主体的に関わる諸活動に際しては、温室効果ガス排出の削減努力を行った上で排出された温室効果ガスを算定しカーボン・オフセットを行います。

 
 


本会入会の手続きは、以下のような流れで進みます。
ご入会前に必ず会則等をご覧になったうえでお申し込みください。
※平成26年6月11日より改正規定が施行されました。
 
詳細についてはこちらをご覧ください → 新旧表
cmp_list20140611.pdf
 
  • 会則(平成21年4月8日施行、平成26年6月11日改正、平成29年7月4日改正)

会則(改訂版).pdf
 
 

  • 検証機関の入会申請資格の要件に関する細則

saisoku1.pdf
 
 

  • オフセット・プロバイダーの入会申請資格の要件に関する細則

saisoku2.pdf
 
 

  • カーボン・オフセット推進ネットワーク名称等使用規程

saisoku3.pdf
 
入会案内図

 

 
 

  • 審議結果通知の翌月末までに、会費をお支払いいただけない場合は退会扱いとさせていただきます。

事務局所在地: カーボンオフセット協会(カーボンフリーコンサルティング株式会社内)
〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通3-9 郵船ビル3階